-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-10 22:28 | カテゴリ:LIVE2007
ジャンル:音楽 テーマ:Mr.Children
遅くなりましたが~

「HOME TOUR 2007-in the field-」の日産スタジアム1日目に参加してきました。

ライヴレポ&感想です

ネタバレありですのでまだこれからの人は見ないで下さい(^∀^)

9月8日の朝、夜勤明け。

昼過ぎまで寝て昼13時にブログをいじってました(笑)
その頃ミススピさんとメールしたりして会えないかどうかを話してました(笑)

14時過ぎ横浜へ出発
横浜にて少しブラブラして新横浜へ

人混み過ぎて電車になかなか乗れません…
何本見送ったか(笑)

そこでミススピさんに「会うのはムリっぽいです」とメール送信(笑)

結局、会場に着いたのは17時50分。ちなみにミススピさんもその頃に席に着いたそうです(笑)

僕が座った席はステージを正面とすると左側の1階スタンド席です。
会場全体が見渡せて、風も流れてて空も見えるいい位置でした~。


2007年9月8日(土) 18時14分スタジアムの照明が落ちました…

スクリーンに映像が流れます。

ロボットが惑星で働いてる映像が流れ近づいていくと…



Mr.Children HOME TOUR 2007



メンバー登場!!



「たーーーーーーだーー♪目の前にならーべらーれたー♪」

「彩り」

「HOME TOUR-アリーナ編-」でも最初の曲だったこの曲。今年の「HOME」ツアーの1曲目はこれしかないという始まり。今年の5月にアリーナツアーのセットリストを初めて見たとき(確かhalさんのブログでした(笑))には違和感があったのがスッカリ1曲目に定着しましたね(笑)

前半はスローテンポ2番からCDのアレンジの「彩り」
「Music Lovers」のver.に近いアレンジですね♪




ドラムパターンが始まり出します。
Tsubasa「ん?これは聞いたことがあるパターンだ。」

「ちょっとぐらいの汚れ物ならば~♪」

「名もなき詩」

基本的はCDのままですが、1999年の「DISCOVERY TOUR」の「名もなき詩」でした♪

聴きながら2005年の「トマトツアー」の弾き語りのシーンが蘇ってきました(笑)



まったく初めて耳にするキーボードのメロディー。
それに合わせてリズム隊のセッション。そこから始まった小林さんのメロディーは…


「星になれたら」

観客はどよめきと歓声が交錯中(笑)
イントロ以外はCDに近い感じでした。「POP SAUROUS TOUR」の再来ですね♪



今回僕は歌って欲しかった曲が3曲ありました。その内、2曲は歌ってくれました♪
その1曲です。イントロが流れた瞬間、声が出ちゃいました(笑)
花火もバーーーン!!!


「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」


やっぱりライヴで盛り上がる曲だと思ってましたが凄かった…。
これぞ「THE お祭り」「THE 野外」ですよ(笑)

アレンジはCDと同じ。
1995年「空【ku;】」の再来です♪
あの時は水色の衣装でしたが今回はピンクの衣装(笑)
昔とダブらせながら体感してました♪

皆さん書いてますが、歌詞結構間違えてましたね(笑)




MC

「Mr.Childrenです!!」
スタジアム全体が歓声に包まれます。


「先日行われたap bank fesですが、初日と2日目が中止になりまして。
それで、今回も・・・覚悟はしてました(笑)
今回のツアーは、ことごとく台風が接近していまして。すり抜ける様に…(笑)

今日、朝6時半に起きて、7時半に家を出てスタジアムの周りをランニングしてから家に帰りました。
そのくらい気合入ってます!!(笑)」

「で、昼間にここでリハーサルをやってて、このスタジアムの天井は四角いでしょ?
それが、空を切り取った額縁のようで。
そこには、昼間は雲ひとつない空で。
それで、夜になれば星が見えたりして。」

「そんな空も風も周りや隣の人、前の人、反対側の方向にいる人達なんかを見ながら過ごしていただければ。」

「今回のツアーは、いつもレコーディングしてるメンバー全員が参加していまして。
それで、自分達にとってのHOMEってなんだろう?って考えたんです。まさしくHOMEグラウンドなものと言ったら、自分たちを育ててくれた自分達の曲なんじゃないかと思います。」

「シーソーゲームなんて、もう何年振りにやったことか!!!(笑)」とJENさんの方を向く。

「これから、そんな僕らのHOMEにぴったりな曲をやりたいと思います。」

ここで今回聴きたかった3曲の内の2曲目。

小林さんが聞き覚えのあるイントロを…
会場から歓声があがります…「おぉぉ!?」


「CROSS ROAD」

バラードバージョン。
紫色の照明が綺麗でしばらくその世界観に引き込まれました。
1994年「Atomic Heart TOUR」がフラッシュバックしました。


続いてアコギのイントロが…周りの人はみんな「?」な顔してました(笑)
でも、僕はギターのコード進行で気付いちゃいました(笑)

「とどまーることをしらなぁーい♪」


「Tomorrow never knows」

前半はブルース調の弾き語りで、後半は「Music Lovers」のアレンジ。
「優しさだけじゃ生きられない」の追加はなかったです(笑)




MC

「ありがとう!!」
「続いての曲はラブレターを出すときに、まだ切手が62円だった頃の曲を(笑)」
「ap bank fesが中止になった時、この歌の歌詞のいいことばっかあるわけないさっていう言葉が頭に浮かんで。」
「そうだよなーって。いいことばっかりじゃないよなって。」
「でも、少なくともこのライブが終わるまでは、いいことばっかりが起こるように。」


「my life」

笑顔の桜井さんがスクリーンに映し出される。温かい感じが会場を包み込む。
1997年「regress or progress TOUR」の時と同じMCで再びフラッシュバック♪



そのままアコギでのイントロへ

「ひびき」

ここも会場全体があったかい空気で包まれる。まさしく「HOME」ですね♪


立て続けにイントロが…

「もっと」

この時の桜井さんの歌い方もあったと思うんですけど、スタンド席には心地よい風が吹いていてすごくリラックスした空間でした。

そして、夜勤明けだという現実に一回返って眠たくなったのも事実です(笑)



ピアノが流れ始める

「HERO」

すごく丁寧に1音1音を歌い上げる桜井さんが印象的でした。
この曲を聴きながら「これはミスチルにとってHOMEなんだなぁ」と考えると、桜井さんの病気を思い出しました。
「あぁ、メンバーはこの時に味わった感情が今のミスチルの仲をより強くしたんだなぁ」と感じていました。
「ホント、いいことばっかじゃないけど頑張ったんだなぁ」と思いながら聴いてました。
2002年の「wonderful world on DEC21」のツアーを思い出しました。


アリーナで歌われたと聞いていたカバー曲

「Imagine」

スクリーンには歌詞と日本語訳が。

この曲は「何がHOME?」と考えていました。
そんな時に思い浮かんだのは…

1995年に桑田さんと行った「ROCK OPERA」です。
あの時に「imagine」を歌ったかは実家に帰らないと調べられないですが(笑)
確かにあの時はThe Beatlesの曲を歌ったりしてたので。「Healter Skelter」は今でも印象に残ってます。



ここへ来て遂に濃い部分か?という感じ(笑)

「CENTER OF UNIVERSE」

前の曲から繋がってて、ホント、前向きな曲ですよね(笑)
自分を中心にしか考えない楽天家な発想も素敵です。ここでもまたあのキーワードが「いいことばっかりじゃない」
確かに。だから楽しく行こう!と言われている気がしました。


打ち込みのサウンドが流れていて桜井さんが歌い始める。


「Dance Dance Dance」


1番を歌い終わった後(?)ですかね。
2番がスタートの所で田原さんのギターのカッティングが!

バーン!!!!!!!!!!


本日、2回目の花火でした!!


曲が終わるや否や打ち込みが…

お、これは!
イントロスタート。

「フェイク」


そして、アリーナ参加者から聴いていました。噂の見せ場!!


全てはーフェイク!
全てはーフェイク!
全てはーフェイク!

照明が落ちる。桜井さんに一筋の光の矢が…





…………………「その全てしーんじつ~♪」




「Any」



バラードバージョンでした。

Cメロで照明が落ちる。

桜井さんが静かに歌い出す…

「交差点 信号機 排気ガスのにおい
クラクション 壁の落書き 破られたポスター~♪」


ライトアップして大サビへ。

バラードバージョンというのもあったし、風が吹いていたのもあったんですけどすごく心地よい時間でした。
メンバーの演奏も桜井さんの歌を邪魔しないんだけど、しっかり入ってきていて。
なんだか風に乗って音楽が届けられると言うかそんな印象でした。





「星が見える」

照明がつき、スタジアムが一旦明るくなってすぐ照明が落ちる。
桜井さんが星を見てるから
「見える?星が一つ見えるよ」


そして、照明がつく。
「ありがとう」
桜井さんの一言。

メンバー紹介。
登坂さんがいじられます(笑)
登坂さんの紹介のときだけ、ちょっと歓声が大きい。
桜井さん「あれ?君のときだけ、ちょっと声大きかったんじゃないの?
調子に乗っちゃだめだよー(笑)」
登坂さん「いや、大丈夫です(笑)」
桜井さん「何かやりたいことがあるんだって?」

登坂さん「え?いいんですか??」
そして、登坂さんがいきなり掛け声を。

レッツ!! ゴーゴー

会場「?????」
桜井さん「爆笑中(笑)うわー、引いてる(笑)」
登坂さん「ちょっとやってくれた人がいましたよ(笑)」
桜井さん「6万5000人がひくとこんな感じなんだ(笑)」

登坂さんにもう1回チャンスが与えられる。
登坂さん「えー、じゃあ、6万5000人の・・・」



JENさん「レッツ!! ゴーゴー!!!!」

会場「大爆笑!!!!(笑)」

JENさん「ひいては返す、波のよう(笑)ごめんね(笑)」と登坂さんに謝る。
登坂さん「むしろ、ありがとうございます(笑)」


もう1度登坂さんにチャンス到来(笑)今度はみんなで。

登坂さん&会場「レッツ!!! ゴーゴー!!!」

桜井さん「セブンイレブン!?」

会場「いい気分ーーー!!!!」

桜井さん「これ昨日タモさんがCM中にお客さんをいじってたの(笑)これからはもっと勉強しなくちゃなぁ(笑)」

桜井さん「大事な人を紹介するのを忘れてた(笑)昨日一緒にテレビに出演してきまして。風邪を引いて、喉がおかしいからトークはやめてくれてって言われて。
でも、そういうときだからこそ、話していかなきゃいけなんじゃないんですかって言ったら、楽屋でずーーっとトークの練習をしてて(笑)僕らのプロデューサー、小林武史!!」

桜井さん「えー、続いての曲はみんなで歌いたいなぁと。明日のスポーツ新聞の見出しが『ミスチル、6万5000人と大合唱!!』」
会場「おぉぉぉ!!!」
桜井さん「いや、ならないよ?(笑)」
桜井さん「この曲は、君と僕の恋の歌なんですが、今回は"君"は会場の皆さんが"君たち"となって、"僕"はこのステージの上にいる"僕たち"と置き換えて思い浮かべながら歌ってください。」

大合唱が始まります。


「口笛」


スクリーンには歌詞がスクロール。

桜井さんも、イヤホンを外して僕らの声に耳を傾ける。

曲の最後桜井さんが口笛でメロディーを奏でました♪
2004年の「シフクノオト」ツアーの感じですね♪



桜井さん「どうもありがとう!!100点です!!」
桜井さん「皆さんのエネルギーが、このステージに伝わってきました。今度は僕らから皆さんに歌いたいと思います。出来れば、こちらから一方的な感じで歌わせてください。」


小林さんのイントロが…


「Sign」


前の「口笛」で少し感動していた所でこの曲。
そして、ここまでの間いろんなことをフラッシュバックしてきた僕にとってのミスチルのメンバーからの答えとも言える曲が返ってきて、初めて泣きました。

正確には涙が自然と流れてきました。なんだかいろんなことがあったけどミスチルの曲と過ごしてきて、よかったって思えた気がして。
「今までずっと見て来てたよ」って言ってもらえてる気がして涙が流れました。

2005年の「I Love U」TOURのファイナル公演のことを思い出しました。


次のイントロは


「ポケット カスタネット」

ここはもうなんだか聴くだけで精一杯でした(笑)



イントロが始まり歓声が!


「Worlds end」


この時、ミススピさんの顔が浮かびました(笑)

ラストに向かうところでスクリーンにはいくつもの言葉が…

風が吹いて

山を越えて

海を渡った

そしてまた山を越えて

沢山の雲を集めた

沢山の雨が降った

緑が生まれた

町で子供が生まれた

初めて子供が歩いた

初めてデートして

初めて仲直りして

初めて別れた

初めて25m泳いだ

決勝GOAL直後の視聴率が57,7%だった

イラク・アフガンの兵士の3割が心の病

7分間に一種の動物が消滅

ジーパンのサイズが1インチ減った

世界には2700万人の奴隷がいる

北半球観測史上最高の暖冬

世界で2番目に小さい265グラムの赤ちゃん退院

ヒト脳内スキャンシステムが特許獲得

人間は1秒に2,4人増えている

日本の年間自殺者3万人越え

世界だと100万人以上

世界はどのようにして始まって

どのようにして終わるのだろう


などなど…



ギターの音色が響く。

弦の音が変わったのでエレキだと気付いて。


「息をきらしてさー♪」


「終わりなき旅」


これは2000年の「Q」のTOURで歌ったバージョンですね。
1番まで桜井さんが歌って2番の前からバンドとストリングスが入ってくる。

一番好きなバージョンだったので嬉しかったです♪



音が鳴り止んで、小林さんのピアノが…



「しるし」


もう言葉が出ません。あの空間であの時みんなと聴けたことが嬉しくてたまりません。
CDヴァージョンでしたね。



「Mr.Childrenでした!!」
「どうもありがとう!!」



もう周りも放心状態というかため息と言うか(笑)
お腹いっぱいです!!という感じでしたね(笑)



そして、アンコールへ



ミスチルがステージに再び登場!!
桜井さんが白い服に。


桜井さん「ありがとう!!」
桜井さん「まだまだいくよー!!」
桜井さん「また、みんなで歌ってもらいたいと思います。えー、HOMEにふさわしい曲をやります。」



「Wake me up!」



コーラスの2人が手の振りを先導すると会場が一体に!
なんだか本編でぐったりしてないで目を覚ませ!って言われてる気がしました(笑)




間髪いれずに、イントロが!!




「innocent world」



もう周りは歓声!!
あの会場でこの曲を知らない人はいないに近かったんじゃないか?というくらいの一体感でしたね(笑)

もう楽しい!!としか表現ができないですね。

桜井さんが「後ろ!後ろ!」とあおりまくり(笑)


桜井さん「どうもありがとう!!」
桜井さん「最後の曲は、まだ発表されていない曲をやろうと思います。この曲は別れの曲で。でも、旅立ちの曲でもあって。今日このライブが終われば僕らはさよならしますが、明日からまた新しい日常が始まっていくわけで…。そんな曲です。」


「旅立ちの唄」


なんともいえない温かい歌でした。

歌詞はそんなに聞き取れませんでしたが、「さよなら」というフレーズがとっても印象的でした。

今日の「めざましテレビ」で流れてたので思い出しました(笑)
録画したので何回も見れます(笑)


ライブ終了後、メンバーが本当に何度も「ありがとう」と言ってくれてました。
本当に何度も…。



本当に今までのミスチル人生を振り返るような構成と選曲。
そして、アレンジも昔のまま。

途中に参考までにツアーのバージョンを書いておきましたが今までのツアーが全部おさらいできるようになっていたのにビックリです。

本当に色んなことを思い出したりしたライブでした。
彼らのHOMEは僕が悩んだり迷ったりした時に返るHOMEでもあるということを教えてくれました。

今まで、ありがとう。

これからもよろしく。


2007年9月8日日産スタジアムでの記憶を自分の中に真空パックします。


p.s.結局ミススピさんとは会えませんでした(笑)メールだけです(笑)




あの場にいた人へ

楽しかったです。ありがとう。




thanks to:ミススピさん、sakuraさん、Lostさん、Fクン、and SHINO
スポンサーサイト


このコメントをフェイク(秘密)にする

トラックバックURL
→http://mrchildrenwelove.blog36.fc2.com/tb.php/50-cd20d6bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。